トム・クルーズに実行不可能なミッション、炎天下のレッドカーペットに!『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ジャパンプレミア(by entertainment station)
Cinema 映画 トム・クルーズ スパイ アクション ハリウッド 歌舞伎町 新宿 ミッション:インポッシブル スパイ大作戦

アツい男が東京の暑い夏に挑んだ! 人気シリーズのスパイアクション『ミッション:インポッシブル』の最新作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のジャパン・プレミアが8月3日、気温35度を超える炎天下、レッドカーペットイベントが行われた。ハリウッド映画初となる新宿歌舞伎町セントラルロードに設けられたレッドカーペットは朝早くから待ち望んでいたファンで埋め尽くされ、トムやクリストファー・マッカリー監督らが2時間を超えるグリーティングを行った。

http://entertainmentstation.jp/2308/

第28回東京国際映画祭オープニングは「ザ・ウォーク」に。アジア3監督によるオムニバス作品制作プロジェクトも発表(by entertainmnet station)
Cinema TIFF 東京国際映画祭 映画 行定勲 ガンダム 黒澤明 寺山修司

左から行定勲監督、ソト・クォーリーカー監督、ブリランテ・メンドーサ監督

東京発のアジア最大規模の映画祭『第28回東京国際映画祭』の記者会見が7月28日に行われ、その詳細が発表された。コンペティションの審査委員長は「ユージュアル・サスペクツ」「X-MEN: フューチャー&パスト」などのブライアン・シンガー監督に決定。注目のオープニング上映作品はロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演の『ザ・ウォーク』に。高さ411m、地上110階。ニューヨークのワールド・トレード・センターをワイヤーロープ1本でつなぎ、命綱なしの綱渡りに挑んだ実在の人物、フィリップ・プティの冒険を描く。(続きはentertainment stationへ)

http://entertainmentstation.jp/1828/

渋谷でバケモノの世界を体感!『バケモノの子展』(by entertainment station)
Cinema 映画 細田守 時をかける少女 サマーウォーズ ヒカリエ バケモノの子 アニメーション

アニメの演出とはこういうことか! 原画に書き込まれた監督の修正コメントから読み取れる、キャラクターの演技、表情、動き。スタッフは絵描きではなく演者、監督は的確な演技指導でその演者からいい演技を引き出している!

興行収入20億円突破(7月22日時点)、世界配給も決定し、快進撃を続ける、今夏上映作品の台風の目、細田守監督作品「バケモノの子」をテーマとした展覧会『バケモノの子展〜時をかける少女、サマーウォーズ、おおかみこどもの雨と雪』が7月24日、渋谷ヒカリエで開幕した。(続きはentertainmentstationへ)

http://entertainmentstation.jp/1718/

すべてのファン待望! “胸熱” 「機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM」(by entertainment station)
Cinema ガンダム アート イラストレーション アニメーション

ホワイトベースの艦橋をシアターで再現。この臨場感に感動

「悲しいけどこれ戦争なのよね」「ジオンを倒すしかない、戦争が終わるしか」「偉い人にはそれが分からんのですよ」…心に突き刺さる言葉が目の前に飛び込んでくる。

『機動戦士ガンダム展 THE ART OF GUNDAM』が7月18日(土)より森アーツセンターギャラリーにおいて開幕した。ワンピース展以来、進撃の巨人展、NARUTO展とアニメ作品をテーマとした展覧会が大盛況だが、まさに真打ち登場と言える。(続きはentertainment stationへ)

http://entertainmentstation.jp/1123/

CM映像に新しい波〜「もったいない」で明日は変わる《コミックス・ウェーブ・フィルム》
Cinema アニメ CM 映像

@NHK

NHKがACジャパンと共同で行っているキャンペーン「『もったいない』で明日は変わる」のCM映像が話題だ。

フルアニメーションで製作されており、さまざまなシーンで学生やアルバイトなどの若者が「もったいない」とつぶやくというもの。モノや資源を惜しむ「もったいない」ではなく、未来を創造することばとしての「もったいない」を伝えたい、立ち止まっていて「あきらめてはもったいない」「なにもしないままではもったない」をメッセージにこめているという。アニメーションを手がけたのは四宮義俊。

非常にクオリティの高い映像で、アニメに明るい人なら「おっ、これ、新海誠?」と、ピンとくる方も多いのではないか。新海誠監督は「秒速3センチメートル」など、これまでのアニメーションとは一線を画したドラマティックな映像を紡ぎ出す作家だ。ここ数年、新海監督が手がけた大成建設の「地図に残る仕事。」シリーズのCM映像が好評を得ている。四宮義俊監督は新海監督の「言の葉の庭」でポスターイラストなどを手がけており、新海作品に見えるのもむべなるかな。

同CMのオンエア予定は以下のとおりで、以降も随時放送予定だ。また民放各局では7月以降に放送を予定している。

■30秒スポット
7/4(土)23:44〜 BS プレミアム

■15秒スポット
7/3(金)22:49〜 BS プレミアム
※編成の都合により放送内容が変更となる場合があり。

<NHK-AC共同キャンペーン「『もったいない』で明日は変わる」>
監督:四宮義俊
アニメーション制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
音楽:保科潤
声の出演:柳生みゆ/高杉真宙

コミックス・ウェーブ・フィルム
http://www.cwfilms.jp/news/20150701/

ACジャパン
http://www.ad-c.or.jp/campaign/nhk/nhk01.html

より詳しくはこちらへ
http://chibahidetoshi.blogspot.jp/2015/07/cmnhk-ac.html

世界が注目する若手映像作家の登竜門。IDCF2015が7月開催
Cinema 映画祭 デジタルシネマ 映像 埼玉県 川口市

オープニング上映は『鉄の子』(福山功起監督)

世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスし、若手映像クリエイターが目指す映画祭として注目されている『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015(IDCF)』。この夏で12回目の開催となるIDCFが7月18日(土)〜26日(日)に、SKIPシティ(埼玉県川口市)において開催される。コンペティション部門は世界74の国と地域から684作品がエントリー、その中からノミネートした長編12作品、短編12作品、アニメ14作品の38作品が上映される。

毎回話題となるオープニング上映は過去本映画祭にノミネートされた新鋭・福山功起監督が地元川口を舞台に家族のあり方を描いた『鉄の子』をワールドプレミアとして上映。招待プログラムとしてシネマ歌舞伎「二人藤娘/日本振袖始」や長編アニメ「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」、「STAND BY ME ドラえもん 2D版」、バリアフリー上映として「GODZILLA ゴジラ」日本語吹替版の上映や、アニメDAYスペシャル企画としてご当地アニメ「浦和の調ちゃん」上映&トークイベントが行われるなど、盛りだくさんの内容が予定されている。

http://www.skipcity-dcf.jp

これが日本の次世代によるアニメ。スタジオコロリド最新作『台風のノルダ』公開
Cinema アニメ スタジオコロリド スタジオジブリ フミコの告白 メディア芸術 文化庁メディア芸術祭

「台風のノルダ」6月5日、TOHOシネマズ新宿ほかで公開

いまもっとも注目しているアニメーションスタジオ、スタジオコロリドの最新作『台風のノルダ』が6月5日公開される。

前作「陽なたのアオシグレ」から2年ぶりの本作は離島の中学校に通う好きな野球をやめてしまった東とその親友・西条が、文化祭前日に現れた赤い目をした不思議な少女ノルダと出会う。その時、観測史上最大級の台風が学校を襲うとして……、というストーリー。台風をテーマに据えた作品はさまざまあるが学校を舞台したものと言えば、思春期の子どもたちを鮮烈に描いた相米慎二監督の「台風クラブ」を思い起こす。

若い才能が集まるスタジオコロリドだが、本作では監督をスタジオジブリ出身で「借りぐらしのアリエッティ」や「コクリコ坂」「風立ちぬ」にアニメータとして参加した新井陽次郎監督が、キャラクターデザイン・作画監督を在学中にショートアニメ「フミコの告白」が第14回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞、YouTubeの再生回数が300万回を超えた石田祐康監督のタッグを組んだ意欲作だ。

6月5日より3週間限定公開。同時上映は前作「陽なたのアオシグレ」

http://typhoon-noruda.com

満ちあふれる喜怒哀楽、浮世はこんなにも美しい:映画『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』5月9日公開決定!
Cinema News アート 浮世絵 アニメ 映画 原恵一

天才浮世絵師・葛飾北斎の娘、葛飾応為(かつしかおうい/生没年不詳)をご存知だろうか? 北斎の影に隠れてあまり注目されないが「吉原夜景図」(太田記念美術館蔵)のように光と影の妖しさ、美しさは必見。その応為=お栄や父・北斎、その仲間たちが江戸の街で自由闊達に生きる姿を描いた映画『百日紅〜Miss HOKUSAI〜』の5月9日(土)公開が決定した。監督は「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」、「河童のクゥと夏休み」など名作を次々に生み出している原恵一監督。原作は杉浦日向子「百日紅(さるすべり)」。お栄の声を杏、北斎を松重豊が演じる。初夏の公開が待ち遠しい。
sarusuberi-movie.com

爆音SF上映!恵比寿映像祭にパイラ人来襲?
Cinema アート 映画 SF 岡本太郎 パイラ人 宇宙人

開催中の恵比寿映像祭において、スペシャルイベントとしてSF映画の名作・奇作3本の35ミリフィルム爆音上映が実現する(3月3日〜5日)。上映作品は芸術家・岡本太郎がキャラクターデザインを手がけたパイラ人が東京にやってくる『宇宙人東京に現わる』(1956・監督:島耕二)をはじめ、ジョン・カーペンター監督の『ダークスター』、大友克洋監督の『AKIRA』。
http://www.yebizo.com/#pg_event1

snapshot.tokyo - web photo magazine for Tokyo Log in | Sign up