「漂流郵便局」(小学館)が話題の久保田沙耶がisland MEDIUMで個展「鹿を歯医者に連れて行く」を開催中だ(2月22日まで)。数万年もの間、人に食肉、毛皮などモノとして消費され、現代でも害獣として宿命づけられている鹿。その頭骨の大地を食んですり減った臼歯を金銀パラジウム合金の銀歯で修復し、数万年の生命性を奪い返そうというもの。いきものの命に真摯に向き合う久保田の優しい眼差しがそこに感じられる。
http://islandjapan.com/gallery/index.php?itemid=153

snapshot.tokyo - web photo magazine for Tokyo Post | Edit